Clic
Clic
Clic


   
 
 





Hard Core of Curatorial Practice
キュレーションのハードコア



「キュレーションのハードコア」とは
遠藤水城と徳山由香との対話の中から生まれた、現代美術のキュレーションについて考えるプロジェクトです。

●プロローグ、対話:2007年3月
ハラルド・ゼーマンのキュレーションをめぐって
遠藤水城 X 徳山由香

その1, その2, その3


第1回 : 2007年11月26日@ARCUS Project
遠藤水城がディレクターを務める茨城県守谷市のアーティスト・イン・レジデンス、アーカスプロジェクトにて開催。

GUEST SPEAKER :
ロジャー・マクドナルド/ Roger MCDONALD (Curator, Arts Initiative Tokyo)
建畠晢/ Akira TATEHATA (Director, National Museum of Art, Osaka)
上崎千/ Sen UESAKI (Archivist, Keio University)


●第2回 : 2008年1月22日@remo/ record, expression and medium organization
大阪会議は、映像やメディアによる表現の可能性を追求するスペース、remoにて開催。

SPEAKER & TOPIC :
・「ハラルド・ゼーマンのキュレーションにおける方法論」:徳山由香
・「パブリックなアートの実践」Breaker Project(大阪):雨森 信
・「社会的な実験プロジェクト Shin-bi」京都精華大学:田村 武
・「大阪アーツアポリアと Community-Collaborative Art」:中西美穂
・「AHA ! 人類の営みのためのアーカイブ」remo(大阪):松本 篤
・「都市の文化状況に積極的にコミットする活動」rhythm+etc.(福岡+anywhere):遠藤水城


 

>> Related Articles >> Articles liés